スタッフブログ

田屋カンパニー株式会社のスタッフブログです。

宮崎県のコロナウイルスの影響

2020年06月18日 Comment(0)

宮崎県でも、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国の飲食店やデパート等

の多くが休業になった影響で宮崎県の農畜産物を直撃しました

特に外食産業やデパートを通した消費が大きい、宮崎地頭鶏や宮崎牛の需要が低迷

しました。特にみやざき地頭鶏の生産者様は、4-5月度の収入が8~9割減のなった

所もあるそうです。

みやざき地頭鶏は、県外の居酒屋を中心に年間約40万羽を出荷しているらしく、

コロナの影響で店との取引が中断して9割減の状態だそうです。現在かってない

深刻な問題になっています。

この新型コロナウイルスの影響で宮崎牛も国内外の需要が減っています。

宮崎牛の生産者の支援と子供たちにも宮崎の特産品を知る食育の機会として

宮崎県では5月に26市町村の小中学校の給食で、宮崎牛が提供されたとの事です。

宮崎牛を使ったビーフストロガノフが出された新聞にありました

農林水産省では、コロナウイルスで行き場がなくなった高級食材を、自治体が

学校給食に採用した場合は通常の給食経費を超える分を全額国が補填するとの事です。

宮崎県が最初の適用ケースらしいですが、全国の都道府県でも採用する自治体が

出てきているとの事です。

コロナウイルスに負けないで、頑張りましょう

             宮崎牛などこだわりの業務用食材を産地直送でお届けする田屋カンパニー

 

コメントする

内容をご確認の上、「コメントを送信」ボタンから送信下さい。

スマホ表示