スタッフブログ

田屋カンパニー株式会社のスタッフブログです。

日本の食文化としての馬の歴史知っていますか!?

2020年03月22日 Comment(0)

馬の歴史について書いてみます。

馬刺しは、熊本の歴史と共にあります。

1588年、信長・秀吉の安土桃山~江戸時代の始めに肥後半島の領主として

加藤清正という人物が熊本城に入り、関ヶ原の戦い以後、肥後54万石の大名になります。

熊本においては、日本三名城の一つである熊本城の築城に着手し

1607年に完成させたといわれ、隈本を熊本と改名しました。そして

全県下に土木・治水工事を始め、干拓・開墾・交通の便の為の街作り、

産業の奨励、学問の奨励・文化の開拓等限りないほどの偉業を

遂げられた方として有名です。また牧場の開発に力を入れ、5か所に

牧場を設けられ、名馬を育てられるなど、馬とのかかわりは深いとの深いとの事です。

馬を食べる習慣になったのは、豊富秀吉の朝鮮出兵の時、加藤清世も

朝鮮に出兵し、苦戦した居た時に、苦戦を強いられ、援軍が来るまで、

何んとか持ちこたえる為に食料も尽きた時、戦闘で死んだ馬を食べた時、

非常に美味しく、そして援軍が来るまで持ちこたえる事がてきた事が

はじまりです。

九州では、馬刺しを食べる食習慣がありますが、全国的には食文化としてはまだまだです。

馬刺しの美味しさを知って頂けたらと思っています。

産地直送で、新鮮な馬肉・馬刺しを業務用としてお届けします。

                     こだわりの業務用食材を産地直送でお届けする田屋!

コメントする

内容をご確認の上、「コメントを送信」ボタンから送信下さい。

スマホ表示