スタッフブログ

田屋カンパニー株式会社のスタッフブログです。

あか牛物語パート③

2021年03月28日 Comment(1)

野焼きが終わり、草原に牧草が芽吹く4月頃から、放牧が一斉に始まります

数十年前は、牧道を飼い主にひかれて褐毛和牛が飼い主にひかれて放牧場に

向かったそうです。現在は牧道の整備がすすんだので

トラックにのせて運ぶことが多くなりました。阿蘇の放牧地に放たれた牛は、

飛び跳ねたり頭を土にこすりつけたりして、開放感を全身で表現すするとのことです。

それぞれの阿蘇の放牧地で何件もの農家の牛が群れています

群れの中では放牧経験と体力や指導力のある牛がリーダー牛となって、熱い時は

丘の頂きに、寒い時は谷に、また水飲場へと群れを誘導します。

それと、牛になにやら字が書いてあります

これは誰の牛かわかるように、毛染めで持ち主がわかるようにしています。

褐毛和牛放牧地には、中々立ち入ることができないので、

決して見られない光景でもあります

         宮崎牛などこだわりの業務用食材を産地直送でお届けする田屋カンパニー

コメント

  1. The remarkable answer 🙂

コメントする

内容をご確認の上、「コメントを送信」ボタンから送信下さい。

スマホ表示